読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

血糖値を下げる薬の副作用をきちんと理解する

漢方薬と糖尿病

漢方薬の大きな特徴としては、二つ以上の生薬を組み合わせて作られているので一剤で色んな症状に効くことが挙げられます。そして本人の自覚症状や体力、体質などを診て「虚(きょ」「実(じつ」「陰(いん)「陽(よう)」や「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」などに分類していきます。副作用が少なく、じっくり自然治癒力を高めることで身体のバランスを整えていきます。

 


ですので糖尿病そのものを直ぐに完全に治す漢方薬はありません。
漢方には「糖尿病」という考えがなく、諸説ありますが血液の循環が悪い「?血(おけつ)」などと捉えられているのです。また、多飲や多尿、夜間頻尿などは「腎虚(じんきょ)」などと考えられます。このような様々な症状に合わせて色んな方面からアプローチしていくことが出来ます。

f:id:aimmo-centercom:20161218131616j:plain

糖尿病によく用いられる漢方薬

田七人参


「薬用人参」という言葉をご存知ですか少し前まで日本で多く使われていた言葉です。田七人参の他にも、高麗人参朝鮮人参、シベリア人参・

f:id:aimmo-centercom:20161218131409j:plain

・・等の人参のことを指します。
漢方の世界では、古くから金不換(きんふかん=お金に換えられないほど貴重なもの)
といって非常に貴重に扱われてきたのが田七人参。
しかしあくまでも「西洋医学」の世界でいう「薬」ではないことから、「薬用」という文言を用いるのは適切ではない、ということから、「薬用人参」という言い方はNGとなりました。
しかし「薬用人参」という言葉が使われていたくらい、ものすごい効果があるとされているのがこの田七人参なのです。
田七人参には多様な効果があり、糖尿病や、糖尿病型で、血糖値を下げたい、ヘモグロビンa1cを下げたいという方の多くに田七人参を毎日飲んでいる方も多いです。
田七人参には、パナキサトリオール、トリテルペンサポニンが含まれています。
トリテルペンサポニンには、抗炎症作用、解毒作用、疲労回復作用、抗糖尿病作用
パナキサトリオールには糖の取り込みを亢進させ、血糖値の上昇を抑制する作用があります。
ちなみに田七人参のサポニンの量は朝鮮人参(高麗人参)の約7倍!です。
田七人参の漢方薬は高額ですが、最近は「オーガニック田七人参」をそのまま精製してサプリメントにしている商品もあり、リーズナブルなお値段で摂取することも可能になり、多くの方々から支持されています。

 

>>おすすめの「オーガニック・田七人参サプリメント」はこちら<<

 

八味地黄丸(はちみじおうがん)

高齢者によく用いられます。体力は普通か虚弱で、なおかつ胃腸機能が健全、腰と下肢の脱力感や冷え、しびれ、頻尿がある人に使用します。

 

大紫胡湯(だいさいことう)

体力のある人で、胸から脇が重苦しくて張っているような症状や、みぞおちがつかえて硬い症状が診られる人が条件になります。主に便秘や口の苦さ、耳鳴り、肩こりがある人に用いられます。特にこの漢方に含まれている生薬「大黄(だいおう」は、便通を良くしたり炎症を抑える作用があるので、胸や脇の苦しさなどが楽になる効果があります。

 

五苓散(ごれいさん)

水分の循環を良くして、身体の中の余分な水分を取り除く効果があります。吐き気や嘔吐、下痢、むくみ、めまい、頭痛などに用いられることが多い漢方薬です。口が乾いたり、尿の量が少ないことを目安に使用されることも多いです。

 

白虎加人参湯(びゃっこにんじんとう)

体力のある人で、ほてりや多尿、多汗、熱症や乾燥などに用いられます。そして便秘がない人に使用することが多い漢方薬です。この漢方薬に含まれている生薬「石膏(せっこう)」と知母(ちも)によって全身の熱を冷ましたり、口の乾きを改善させます。また、「人参」や「粳米(こうべい)で体力も回復させます。

 

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

体力があり、便秘や顔面紅潮、充血、ほてりなどの症状がある肥満の人に用いられます。メタボリックシンドロームにも効果があるとされています。
この漢方薬は発汗を促す、熱を冷ます、便秘を改善する、身体の水分のバランスを良くする、血行を良くするなどの作用があります。

?

漢方薬の注意点

糖尿病によく用いられる漢方薬と特徴などをご紹介しました。薬になりますので、懸念がある方は医師や薬剤師にしっかりと体質を診てもらってから服用するのが望ましいでしょう。
漢方薬は、説明書に書いている症状に当てはまらなくても処方されていることがありますが、それも中に含まれている生薬や症状に合わせて判断されたものなので問題ありません。
何か分からないことや不安なことがあれば、医師や薬剤師に相談しましょう。また「漢方薬」は苦い、まずい、など抵抗がある方は、錠剤で苦さのない「サプリメント」からはじめてみるのもいいでしょう。ちなみにサプリメント」は薬ではなく分類上は「食品」扱いになります。薬は副作用が心配で・・・という方は、サプリメントもおすすめです。

数値が気になったらまず対策!

↓↓↓

>>おすすめの「オーガニック・田七人参サプリメント」はこちら<<

 

血糖値よりもヘモグロビン

 

血糖値は食事の前と後とで大きく変化する。

 

例えば糖尿病患者の血糖値は、食事の前だと一二○くらいでも、食後は二五○くらいに一気に跳ね上がる。

 

それで患者さんは自分の血糖値に一喜一憂するのだが、実は、実際の治療に必要なのは、一?二ヶ月平均で血糖値がどんな状態だったかを表す数値である。

 

そうした数値を得るのにぴったりな検査が、ヘモグロビン批国区?。

 

と略記.他はエー・ワン・シーと読む)という物質の量を測る検査だ。

 

ご存知のようにヘモグロビンとは血液中の酸素の運搬役をつとめる物質だが、ヘモグロビン雌はそのヘモグロビンに糖がくっついたものである。

 

この検査は、ヘモグロビン全体を一○○としたとき糖が付いたヘモグロビンヘモグロビン鉦)がいくつあるか(つまり何パーセントあるか)を示す。

 

この数値は一?二ヶ月間の血糖値の平均的推移を反映していて、糖尿病の状態を見るのには理想的なのである。

 

ヘモグロビン錘の正常値は五・八%未満だが、血糖値が高くなるとどんどん上がる。

 

血糖コントロール良好といわれるのは六・五%未満だ(以下、本書では%を省略)。

 

よく血糖検査のために朝食を抜いてきたという人がいるが、今は全くその必要はない。

 

このヘモグロビン鉦値は、食事をとってきてもこなくても、変わらないからだ。

 

また、明日は糖尿病の検査だからといって前日から急に食べるのを制限する人がいるが、それも全く無駄液ことだ。

 

ヘモグロビン値から過去の成績がわかるので、日ごろの不摂生があれば、こちらにはお見通しになるのである。

 

この検査を全くしない医師もいるようだが、私には理解できない。

 

なぜなら、この値を知らずに糖尿病の治療は不可能だからだ。

 

たとえていえば、手術前の血液検査を全く行職わずに盲腸の手術をしてしまうようなもので、現代の医学では決してしてはいけないことなのである。

 

もしあなたのかかっている医師がヘモグロビン批値を測らず、血糖値しか測っていないようなら、率直にいって危険だ。

 

このヘモグロビン蛙検査の判定基準を表3に、また参考までに、最近報告された平均血糖値(食前と食後の血糖値を平均化した値)とヘモグロビン辻値の関係を表4に示す。

 

例えばヘモグロビン紘値が七なら、平均血糖値は一七○、つまり空腹時は一四○くらい、食後は二五○くらいになる。

 

ヘモグロビン紘値が下がれば、治療が奏効して血糖コントロールが良く蔵ってきた、上がれば悪化してきた、と判断するわけで、今や全世界的に糖尿病の血糖コントロール状態はこのヘモグロビン鉢値で評価する。

 

血糖値はあくまでも参考値ということになる。

 

今ではわずか六分間で測定値を出す優れた機械もあり、糖尿病専門クリニックではすぐに結果が出せる。

 

最近は年一回の健康診断でも、このヘモグロビン虻値が調べられている。

 

厚生労働省の指針ではこの値が五・六以上なら境界型か糖尿病と考えられ、前に述べたブドウ糖負荷試験が必須になる。

 

六・一以上ならまず糖尿病の可能性が高いから、一ヶ月以内に内科(できれば糖尿病専門医)を受診していただきたい(厚生労働省の指針の数値は、表3に示した本書でとっている基準値とは若干違う)。

 

なお、ついでにつけ加えると、今でも検査紙を使用して尿糖を測っている人がいるが、これは治療に関しては無意味である。

 

ただし、糖尿病を見つけるという点では意味がある。

 

もし尿糖がプラス(+)なら、五○%以上の確率で糖尿病だといえるのだから。

血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用

糖尿病の二つの誤解

「はじめに」でも述べたように、糖尿病という診断を下された人の中には重大な誤解をしている人が多く、出だしからこの勘違いのために治療に失敗してしまう人が跡を絶たない。

 

重大な誤解とは次の二つだ。

 

●血糖値を下げれば糖尿病は治る。
●血糖値を下げれば合併症の心配はない。
それぞれについて説明を加えよう。

 

誤解1;血糖値を下げれば糖尿病は治る

 

事実は、糖尿病は決して治らない。

 

血糖値が正常化しても、一度なってしまったら糖尿病は決して治らない。

 

血糖値が正常化するのは決して稀でなくよくあることだが、それはあくまで一時的であり、糖尿病は決して治っていない。

 

正常者は、毎日検査しても、空腹時血糖値が一瞬たりとも一一○を超えることはない.また、食事をしてさらにそのあとケーキを三個食べてから測ったとしても、血糖値は必ず一四○未満だ。

 

しかし、糖尿病の人はそうはならない。

 

空腹時血糖値が八○に下がったからもう糖尿病は治った、などと考える人がよくいるが、そういう人はどら焼きを二個食べて、二時間後に血糖値を測ってみるとよい。

 

正常値の一四○未満はおろか、二○○を軽く超えているはずだ。

 

卵を減らしてコレステロール値を下げれば、高コレステロール血症という病気は消える。

 

しかし、繰り返し述べるように、糖尿病は血糖値が正常化しても治ったことには決してならず、病名は消えない。

 

どうしてなのか。

 

答は、一二年のツケは回復不可能だ、ということだ。

 

糖尿病はひと口でいうと、長年の不摂生のツケが溜まってなる病気だ。

 

では、一体どのくらいの期間、不摂生を続けると糖尿病になってしまうのか。

 

これに答える興味深い報告がある。

 

図2は、糖尿病を発症した人と発症しなかった人、それぞれ一四二八人の、空腹時とブドウ糖負荷試験の二時間後の値を、二八年間にわたって調べた結果である(調査は広島県

 

巻末の引用文献①より)。

 

糖尿病になった人は、発症の一二年前からわずかだが確実に、糖尿病にならなかった人より空腹時血糖値が高く、すい臓に負担がかかっている。

 

つまり、血糖値は決して急に高くなるのではなく、一二年もの長い期間かかってすこしずつ高くなっていくのだ。

 

さらにいえば、途中の境界型の時期もなんと九年間もある。

 

別の言い方をすると、一二年間にわたる生活習慣の乱れが、ついに糖尿病を生むのである。

 

図2をよく見ていただきたい。

 

二年間は空腹時血糖値および二時間値の上昇はごくわずかだ。

 

しかし最後の一年に突然、空腹時は一三三、一一時間値は二五五に急激に上昇している。

 

つまり、糖尿病になると突然、一気に血糖値が上がる。

 

ここで注目していただきたいのは、糖尿病になると、食前の空腹時血糖値は一三三でちょっと高いレベルだが、食後(一一時間値)は一一五五にまで極端に上がるということである。

 

一二年間という長い時間をかけて自分で作ってしまったこの病気は、簡単にさよならできるものではない。

 

長年のツケは高くつく。

 

正常者と糖尿病患者の大きな違いを示したこれまた興味深い実験がある。

 

ネズミのすい臓を三分の一切り取って調べても糖尿病にはならず、半分切ってもやはり糖尿病にはならなかったが、最後に四分の三切り取ったら初めて糖尿病になった、という実験である。

 

つまり、糖尿病になった人は正常な人に比べてすい臓機能は四分の一以下にまで落ち込んでいるのだ。

 

四分の一以下にまで機能低下が起きると、正常への回復は全く望めない。

 

つまり、治らないということだ。

 

したがって、糖尿病の治療を始めるにあたっては、まず治らないという事実を受け入れる必要がある。

 

繰り返すが、この病気の進行に例外はないし、放置していて治ることは絶対にない。

血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用

 

誤解2;血糖値を下げれば合併症の心配はない

 

事実は、血糖値が下がっても合併症は起きる。

この誤解にも根強いものがある。

 

私も何千人もの患者さんが「自分で血糖値を下げました」とか「その気になればいつでも血糖値を下げられます」と話すのを聞いてきた。

 

そういうとき私は「どうして血糖値を下げる必要があると思いますか」と、必ず聞くことにしている。

 

血糖値を下げるのは合併症を起こさないためだ(もう起こっている人ならそれを進めないためだ)。

 

このことを糖尿病の人は絶えず頭に叩き込んでおく必要がある。

 

合併症を起こさないためには、安定した血糖値を継続する必要がある(これを「血糖をコントロールする」という)。

 

一時的に下げても持続しなければ意味がないのだ。

 

具体的には空腹時一二○以下、食後二時間一八○以下だが、とくに食後二時間の血糖コントロールが難しい。

 

自分で空腹時血糖値を一一○未満に下げ、それでよしとして治療を止めてしまう人がよくいるが、食後に血糖値が跳ね上がってしまうのが糖尿病なのだ。

 

そういう人の多くは、食後血糖値が高いままで合併症を進めてしまいがちなのである。

 

例えば、目の合併症(糖尿病網膜症という。

 

合併症のことは第2章で解説する)が起こる比率(発症率)を血糖コントロールの良し悪しで比較すると、一○年後で血糖コントロール不良群は二一%、良好群は六%、二○年後で前者は五二%、後者は一三%である。

 

同様に腎臓の合併症(糖尿病腎症)では、二○年後で血糖コントロール不良群は七五%、良好群は五三%だ。

 

つまり、たとえ血糖コントロールが良くても、二○年後には恐ろしい網膜症が一三%の人に、腎症が五三%もの人に起きてくるのだ。

 

血糖値を下げれば大丈夫、とは決していえない。

 

血糖コントロールだけでは合併症を防ぐには十分ではない。

 

別の対策(合併症治療)が是非必要である。

 

ただし、糖尿病は治らないが合併症のほうは、こじらせなければ適切な治療でちやん、と治すことができる。

 

このことは是非強調しておきたい。

血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用

 

医学用語解説
経口血糖降下薬
(けいこうけっとうこうかやく)
血糖値を低下させる薬のうち、口から飲むタイプの薬のことです。小腸からの糖の吸収量を減らしたり、血液中のブドウ糖を細胞に取り込む作用を促すインスリンの分泌量を増やしたり、インスリンの効き目を高めたりする薬があります。同じ血糖降下薬でも、注射で投与するインスリンと区別する際に使う用語です。
副作用
(ふくさよう)
薬を投与したときに生じる、治療の目的である作用とは異なる作用のことです。糖尿病の治療では、血液中のブドウ糖濃度である血糖値を低下させる薬が投与されますが、その際に、血糖値が低下するだけでなく、下痢や頭痛、低血糖などの副作用が生じる可能性があります。副作用が発現する危険性を低下させるため、治療薬は医師の指示に従って、適切に服用する必要があります。
血糖コントロール状況
(けっとうコントロールじょうきょう)
糖尿病の治療を行っている際に、血液中のブドウ糖濃度である血糖値がどのように推移したかを表す用語です。血糖コントロールの目安として、一晩絶食した朝に採血して測定する空腹時血糖値、食後の血糖値の高いときに採血して測定する食後2時間血糖値、1~2カ月間の平均血糖値を反映したHbA1cヘモグロビンエーワンシー)などが用いられ、それを指標として血糖コントロール状況が適正となるように、治療法が調節されます。
血糖改善効果
(けっとうかいぜんこうか)
糖尿病の治療を行った際に、血液中のブドウ糖濃度である血糖値を正常な値に近づける効果のことです。糖尿病の治療は、生活習慣の改善が基本ですが、それでも血糖値が正常な値に低下しない場合は、飲み薬やインスリンの注射などを用いた治療が行われます。
細小血管症抑制
(さいしょうけっかんしょうよくせい)
細い血管が傷つくことで生じる細小血管症が起こるのを防ぐことです。細小血管症とは、細い血管が傷つき、詰まったり、破れて出血したりする病気で、視力が障害される網膜症、腎臓の働きが低下する腎症、手足の感覚が鈍る神経障害などがあります。糖尿病の患者さんでは、血液中のブドウ糖濃度である血糖値の高い状態が続くことで、血管が傷つき、細小血管症が生じやすくなります。治療によって血糖値を正常な値に下げることで細小血管症を抑制することができます。
スルホニル尿素
(ルスホニルにょうそやく)
口から飲むタイプの糖尿病治療薬の一つです。膵臓(すいぞう)からのインスリンの分泌を促して、血液中のブドウ糖濃度である血糖値を低下させます。スルホニル尿素薬は、膵臓にインスリンを分泌する能力が残っている2型糖尿病患者さんのうち、食事療法や運動療法を行っても血糖値が十分に低下しない場合に用いられます。SU(エスユー)薬ともいいます。
メトホルミン 糖尿病の治療薬の一つです。小腸からのブドウ糖の吸収や、肝臓(かんぞう)でのブドウ糖の合成を抑え、筋肉や脂肪組織におけるブドウ糖の利用を促がし、血液中のブドウ糖濃度である血糖値を下げる薬のことです。インスリンの分泌には影響を及ぼさずに血糖値を下げることから、インスリンの分泌や効き目に異常がある肥満の2型糖尿病の患者さんによく使われます。
ビグアナイド薬
(ビグアナイドやく)
糖尿病の治療薬の一種で、メトホルミンが代表的な薬剤です。ビグアナイド薬は、小腸からのブドウ糖の吸収や肝臓(かんぞう)でのブドウ糖の合成を抑え、筋肉や脂肪組織におけるブドウ糖の利用を促がして、血液中のブドウ糖濃度である血糖値を下げる薬のことです。インスリンの分泌には影響を及ぼさずに血糖値を下げることから、インスリンの分泌や効き目に異常がある肥満の2型糖尿病の患者さんによく使われます。
evidence
エビデンス
ある薬や治療法の効果を示した医学的な実証報告のことです。一般的にエビデンスとは、たくさんの患者さんを対象に実施した臨床試験の結果のことを指します。試験実施者の主観が入らないように、患者さんを治療法ごと無作為にグループ分けし、結果を比較するランダム化比較試験から得られる結果は、エビデンスとして信頼性が高いとされています。
血糖コントロール
(けっとうコントロール
血液中のブドウ糖の濃度である血糖値を正常な値に保つことです。血糖コントロールの目安として、一晩絶食した朝に採血して測定する空腹時血糖値、血糖値が高くなる食後に採血して測定する食後2時間血糖値、1~2カ月間の平均血糖値を反映したHbA1cヘモグロビンエーワンシー)などが用いられます。
第一選択薬
(だいいちせんたくやく)
ある病気を治療するときに、最初に使用される標準的な薬のことです。糖尿病には原因が異なるいくつかのタイプがあるため、最も適した治療薬も異なります。医師は、薬剤を用いた糖尿病の治療を始める際は、診察や検査の結果などに基づき、患者さん一人ひとりに最も適した薬を選びます。
大血管症抑制
(だいけっかんしょうよくせい)
太い血管が硬く、詰まりやすくなる動脈硬化が原因となって生じる、大血管症を防ぐことです。大血管症は、狭心症心筋梗塞などの心臓病や脳卒中など、命にかかわる病気です。糖尿病の患者さんは、動脈硬化が進みやすく、大血管症になる危険性は糖尿病でない人に比べて数倍高いことが分かっています。
αグルコシターゼ阻害薬
(アルファグルコシターゼそがいやく)
糖尿病の治療薬の一種で、2型糖尿病の患者さんに使われます。αグルコシターゼ阻害薬は、食物から摂取した炭水化物の消化と吸収を妨げ、小腸で糖が血液中に取り込まれるのを防ぐ働きがあります。なお、αグルコシターゼ阻害薬は、その作用の特徴から、食事の直前に服用する必要があります。
チアゾリジン薬
(チアゾリジンやく)
糖尿病の治療薬の一種です。糖尿病の患者さんの中には、正常にインスリンが分泌されていても、肝臓や筋肉におけるインスリンの効き目が悪くなっている方がいます。チアゾリジン薬には、悪化したインスリンの効き目を改善する働きがあります。
肥満糖尿病患者
(ひまんとうにょうびょうかんじゃ)
肥満した糖尿病の患者さんのことです。糖尿病になると、血液中のブドウ糖を細胞に取り込む作用を促すインスリンというホルモンの分泌量が低下したり、インスリンの効き目が悪くなったりして、血糖値が高い状態が続きます。肥満した方では血糖値を低下させるホルモンの効き目が悪くなりやすいことが分かっています。血糖値を下げるためには、まず食事療法や運動療法を行って肥満を解消する必要があります[薬物療法では体重を増加させる場合があるので、慎重に行う必要があります]。

 

血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用 血糖値下げる薬の副作用